ニュースリリースNews Release

2015

ハイブリッド認証を実現する生体認証端末の販売開始について

  • 2015/04/03

株式会社システムイオは、セキュリティ専門会社であるMorpho社(本社:フランス)が開発した赤外線を使用した3D顔認証装置VisionAccessを中心に生体認証システムを提案していたが、屋外で生体認証の利用を求めるケースが増えてきたことや、顔以外でのリクエストにも十分に応えられるよう製品ラインナップの強化を図る目的で、Morpho社が提供する指静脈と指紋の両方のテクノロジーを兼ね備えた生体認証端末の販売を開始しました。

今回、販売を開始したのは以下3タイプの製品

・Morpho ACCESS VPシリーズ
・Morpho ACCESS SIGMAシリーズ
・Morpho SMART Finger VP デスクトップシリーズ

Morpho ACCESS VPシリーズとMorpho SMART Finger VP デスクトップシリーズの端末は、指静脈と指紋の生体認証データを同時に取込むハイブリッド認証を実現する画期的な端末です。2つの生体データを取込むことで、指紋、指静脈を各々で認証するよりも、本人拒否率、他人受入率を下げることができ、利便性はそのままで高いセキュリティレベルを実現。より強固なセキュリティを求められるお客様のニーズにお応えします。

Morpho ACCESS SIGMAシリーズは、生体認証としては指紋認証のみですが、顔検知との連携、写真によるロギング、脅迫指の登録や偽装指検知など充実したセキュリティ機能を搭載。また、勤怠管理機能やビデオ電話機能なども充実しており、アクセスコントロールのみではなく、様々な用途にも活用できる製品です。

Morpho Accessシリーズは、屋外での利用を想定した設計がされており、防水・防塵性能を表す等級レベルは、「IP65」と最高レベルの水準。また、同一メーカーの優位性として、顔認証システムを含む、すべてのシリーズのデバイスが1つの管理ソフトウェア上でコントロールすることが可能です。

これにより、いままでは生体認証の方式が違うと管理するシステムが別々となることから、構成を組むことが難しかった認証システムが、屋外は指を利用したハイブリット認証装置、屋内は3D顔認証装置という構成でシステムを検討することが可能となります。用途や使い方に合わせてデバイスを選択することができ、より利便性と堅牢性を兼ね備えたシステム提案が可能となります。

提供時期について
提供時期 : 2015年4月より出荷開始

※この記事に関するお問合せは、以下まで
株式会社システムイオ ソリューション事業本部  菅野、三方
Telephone : 03-6809-4803
e-mail : info@systemio.co.jp

資料ダウンロード:News Release.pdf