DX推進指標の使い方

ーDX推進指標の活用

DX推進指標は、経営者や社内の関係者がDXの現状や課題に対する認識を共有し、具体的なアクションにつなげるための”気付きの機会”と、企業が簡易な自己診断を行うことを目的として策定されました。本ブログではDX推進指標の本来の目的を理解し、具体的なアクションにつなげるための使い方をわかりやすく解説します。

DX推進指標の詳細はこちら> https://www.meti.go.jp/press/2019/07/20190731003/20190731003.html

ーDX推進指標の目的と狙い

DXを推進するにあたり、まずは自社の状況を把握(自己診断)するためにDX推進指標を使います。ここで誤解してはいけないことはDX推進指標は単なるチェックシートではないという事です。
DX推進指標の目的は関係者(経営幹部、事業部門、DX部門、IT部門など)が集まって議論し、認識を共有し、今後の課題を把握することが本来の狙いです。担当者一人がチェックシートを見ながら成熟度レベルを当てはめるだけでは意味がありませんので注意しましょう。DXに初めて取り組む企業は、そのほとんどが成熟度レベル0からのスタートになります。

ー成熟度レベルについて

定性指標における成熟度の考え方は下記のレベル0~5の6段階評価です。

出典:経産省「DX推進指標とそのガイダンス」図3 成熟度レベルの基本的な考え方

評価の仕方は前述したとおり、経営幹部や事業部門、IT部門などの関係者が議論し、評価項目(クエスチョン)の内容に応じて自社が現状どのレベルなのかを把握します。最初はレベル0が多くなるはずです。評価で重要なのは、そのレベルに達するために何をすべきなのかを把握することです。

ーDX推進指標の構成について

DX推進指標は、「DX推進のための経営の在り方、仕組み」 「DXを実現する上で基盤となるITシステムの構築」 のカテゴリに分かれています。更にその中で「A.定性指標」と「B.定量指標」に分かれます。本ブログではまず最初に取り組むべき ①-A.定性指標について解説します。

ーDX推進の枠組み(定性指標)について

DX推進の枠組み(定性指標)には以下の評価項目があります。

出典:経産省「DX推進指標とそのガイダンス」図2 「DX推進指標」の構成より抜粋

上記図のオレンジで塗りつぶされた項目はキークエスチョンとなっていて、「経営者が自ら回答」することが望ましい項目です。DXを推進するためには、経営者がDXで何を実現したいのかという会社の方向性とビジョンを示すことが、DX推進の「一丁目一番地」になります(しかし現実にはこれがハードルになってDXを進めたくても進まない企業が多いようです)。本来DXとはトップダウンで取り組む企業変革活動であり、DX推進指標の評価項目の成熟度レベルを高めていくアクションが必要です。今までアナログだったものを単純にデジタル化したり、一部の部門にシステムを導入することがDXではないことを覚えておきましょう。

 

DX推進指標はExcelのワークシートで作成されており、IPAのサイト「https://www.ipa.go.jp/ikc/info/dxpi.html」からダウンロードできます。経産省はDX推進指標を活用した自己診断を企業に推奨しています。DXへの第一歩はDX推進指標とその評価項目を確認することから始まります。そしてその評価指標がそのまま企業の次アクションになります。DX推進指標は企業が何をすべきか、現状はどうなのかを見える化するようになっています。自己診断することだけが目的ではなく、現状把握とDX推進のアクションプランを決めることが本来のDX推進指標の使い方だと言えるのではないでしょうか。