学生時代は
終わりでも、
青春は終わらない。

高校の卒業式も、大学の入学式も中止になった。友人と肩を並べて桜の下で写真を撮ることもかなわなかったあなた。勉強するにも、遊ぶにも、制限がついてまわった。どこにぶつけたらいいのかわからない怒りを握りしめて我慢してきたあなた。その葛藤、ぶつけようのない感情は、本人にしかわからないことだと思う。

だから、大人としてわかったようなことを言うのは、ちょっと違うなと私たちは思う。でも、その上で伝えたいことがひとつある。学生時代が終わっても、充実した時間は終わらない、ということだ。

部長と肩を並べて追いつこうと踏ん張る25歳。夢の海外勤務のためにあえて難題ばかりを担当する28歳。前任者のやり方を捨て、新しい方法で勝負する48歳の社長。一つひとつの現場には、汗がある。想いがある。誰一人として完璧な人間などいないが「濃い仕事をしたい」と上を向く。はじめまして、私たちはシステムイオです。

濃い

若手×部長

チームが濃い

システムイオの特徴は、なんといってもチームワーク。上司と部下の関係が近い。意見を言える。議論をしあえる。だから、濃い仕事ができる。

  • 部長が期待してくれる。 もっといいアイデアを出すぞ!と 意気込んでいます。

    実は、就活の時に他社の面接で面接官とケンカしてしまったことがあります。意見を言ったら理不尽に抑え込まれてしまった。自分の意見を持つことは良くないのか?と思ったこともある。だから入社してから敷地部長が「高木くんはどう思う?」とたびたび聞いてくれるのにはびっくりした。新人であっても提案のチャンスがある。お客様のビジネスに入り込んで、いろんな提案や創意工夫ができるので、面白いです。
    (高木/2020年新卒入社)

  • 雑談すら弾まないチームは、 本当にいい仕事なんか できないと思う。

    「スターウォーズ、ダースベイダー役の声優さん引退しちゃうから、AIでやるんだってね」「え、ついにそんな時代になったのか!」休憩中の雑談が弾む僕らのチーム。新しいテクノロジーから、日常生活のことまでいろんな話が弾む。こうした雑談から提案のきっかけや糸口が見つかることだってある。システムって人が使うものだから、人や世の中に興味を持って、日々を生きることがすごく大事なことだと思う。若い人の意見や感性を知ることができて、僕も刺激になります。
    (敷地/2015年中途入社)

濃い

ベテラン×ベテラン

歴史が濃い

新卒採用をはじめたのは1996年。四半世紀も続けていると、同期のつながり、先輩後輩のつながりなど、いろんなつながりが濃くなってきます。人を育てよう、後輩を一人前にしていこうという育成の風土も醸成される。システムイオの歴史は、人の歴史です。

  • イオの仲間と仕事がしたい。 だから、20年以上も 働き続けているのかも。

    自分の実力では難しそうな仕事があっても、助けてくれる仲間がいると、思い切って挑戦できるじゃないですか。経験もスキルもなく新卒入社した私にとって、仲間の支えがすべてでした。恩返しをしたくて成長しようと奮闘したり、自分にできることを探したり。あれから20数年。イオの仲間と仕事がしたいから、ここにいると言っても過言ではありません。情に厚くて、一生懸命。時代が変わっても変わらないイオらしさだと思います。
    (2000年新卒入社)

  • 自分のことより 後輩を優先する先輩たちの 背中を見て育ってきました。

    最近の若手は頑張っていると思います。僕が新人の頃は、もっとできなかった。先輩たちに仕立てあげてもらったというか、軌道に乗るようにいろいろ世話してもらって、やっと形になったという感じでした。だから、今の若い人たちを育てるのは自分たちの役目なんだと思うと、背筋が伸びる。今は個性の時代だと思うので、一人ひとりがやりたいことを大事にしながら、みんなで走るリーダーシップを心がけていきたいです。
    (粕谷/2003年新卒入社)

濃い

社長

社長が濃い

2019年に4代目社長として代表に就任した野山真二。先頭でパワフルに引っ張っていくタイプというより、一人ひとりの主体性を大事にしながら、みんなで走りたいタイプ。社員との距離も近くて、気軽に話せる明るい社長です。

  • 野山社長、 早く海外行かせてください!

    ミャンマーにあるグループ会社があって、そこで働いてみたいと思っているんです。「野山社長、いつ海外行かせてくれるんですか?」とせっついてしまう私。一人ひとりのやりたいこととかちゃんと覚えてくれているのはすごいなと思います。とにかく、早く実現させてください(笑)
    (浦田/2016年新卒入社)

  • もしかしたら 寂しがり屋さん、なのかも?

    仕事が終わったのに、なかなか帰ろうとしない時があります。寂しがり屋なのかな?と思います(笑)。元現場監督という異色の経歴。仕事に関わる一人ひとりを大事にするところとか、らしいなと思います。
    (敷地/2015年中途入社)

代表取締役社長 野山 真二

濃い

つながり

つながりが濃い。

社内イベント、研修、飲み会。いろんなつながりがあるから、協力しあえる。刺激を交換できる。システムイオらしいつながり、紹介します。

  • 他部署の知り合いが 少ないことを気にかけて、 飲み会を開催してくれる同僚がいます。 飲み会を開催してくれる 同僚がいます。

    コロナ禍での入社。しかも他部署との交流が少ない部署に配属されたので、知り合いが増えないという話をしたところ「じゃあ、飲み会やろうよ!」といってセッティングしてくださった先輩がいます。温かくて思いやりがある人が多いので、大変な仕事でもみんなで頑張れる。変な話、日曜日の夜に「明日仕事か、嫌だなぁ」って思うことがないです(笑)
    (高森/2020年新卒入社)

告知

社員が語る
「濃い」説明会
開催します。

説明会情報はこちら

「エントリー
お待ちしています!」
伊藤

「私たちが担当します!」
水谷

TOP