社長メッセージ

システムイオの強みは“人間力”にあります。

IT系の仕事について考えたときに、プログラムをひとりで黙々と作る、ということを想像する人もいるでしょう。

もちろん、ひとりでプログラムを組むことのできる技術力がなければ、かかわることのできる業務が極端に少なくなったり、そもそも業務に従事できないということもあります。

しかし、技術に関しては入社後に行う研修などを通して誰でも身につけることが可能です。

相互に協力することで、
より大きな力を生みだしていく

では、IT系の仕事において本当に必要なものはなにか。それは、誰かと協力関係を築き、一丸となって課題解決にあたる姿勢です。

業務において、ひとりだけですべてを行うことは、ほとんどありません。実際には、プロジェクトチームや、外部の協力企業、そしてお客様と一緒になってプロジェクトを推進します。

誰かのできない部分をフォローする、また逆に、自分のできない部分を誰かにフォローしてもらう。そうして、人と人が相互に協力しあうことで、よりよい仕事は完成されていきます。

言われたことを“こなす”だけでは身につけることのできない力です。
個人が明確なキャリアプランを持ち、人と協力しながら技術や経験を積むことで“人間力”を成長させる。それにともなって、会社もまた大きく成長する。

私たちから経験や知識を学ぶ場を提供することはできますが、システムイオのかかげる「夢を持ち努力すること、日々成長すること、チャレンジをし続けること」という行動指針に共感していただき、1人のビジネスパーソンとして成長したいと思う気持ちだけは、用意することができません。

私自身、26歳のときに、気持ちはあってもITスキルがほとんどない状態で中途入社しました。そこから多くの人の協力を得て代表取締役に就任します。

システムイオは、挑戦する人に対して正当な評価を行う会社です。

共に成長し、より大きな何かを達成していく。

そんな思いを持つ、皆様のご応募をお待ちしています。

代表取締役社長 野山 真二